賃貸物件の周辺チェックポイント

賃貸物件に入居したら、できれば引越し当日遅くも翌日までには上下と隣の住人、また家主にあいさつしておきます。

賃貸物件の周辺チェックポイント

賃貸に入居したら近隣へのあいさつを

賃貸物件に住むとなると、居住者どうしの関係が良好であることが望まれます。そのためには、新しく入居した時には転居の挨拶をしておくのがポイントです。今まで住んでいた物件の住人への挨拶よりも新しく入居する物件の居住者への挨拶の方が重要と言われます。居住者への挨拶は、できれば引越しの当日中に、遅くても翌日までには済ませておきます。挨拶に行く範囲は、自分から見て上と下の階と両隣は必須です。物件の規模が小さく、全部で10世帯程度であれば全世帯に挨拶しておきます。入居の挨拶の時の手土産の品物は、どこの家庭でも使いいくつあっても困らないタオルのような実用品が最適です。挨拶に行くことが重要なので、高級品を用意する必要は特にありません。

また最近では、賃貸物件をかりる正式契約の時に家主さんが同席しないことも多くなっています。このため、自分が借りて住む物件の大家さんに会ったことがないという人が案外大勢います。このようなケースでは、入居した機会に一度大家さんに挨拶しておくとその後の関係もスムースになります。例えば物件の室内に不具合が生じた場合に、顔も知らない大家さんに連絡するよりは挨拶をしてあった方が何でもお願いしやすいということがあります。

お勧め情報