賃貸物件の周辺チェックポイント

賃貸物件は個人だけでなく法人が契約することもあります。法人契約の特徴と提出書類を確認しましょう。

賃貸物件の周辺チェックポイント

賃貸物件を法人契約する際は

賃貸物件を借りる際、個人ではなく法人で契約することもあります。法人契約の場合は社宅として利用する形になるでしょう。社宅として契約すれば、会社の経費となるわけです。経費として計上すれば、会社側は税金対策にもなるでしょう。契約した賃貸物件に住む社員は、社宅ですから普通に借りる物件よりも安い家賃で住むことができます。社宅として借りる物件は、設備の整った家賃の高い物件でも良い場合があります。例えば、分譲マンションの一室をオーナーが賃貸として貸し出すときは、近隣の賃貸物件と比べても家賃が割高になるでしょう。個人が借りることが難しいため長期間空き物件になることがありますが、そのような物件でも社宅としてなら賃貸契約を結ぶことが少なくありません。

法人契約なら物件のオーナー側も安心して貸し出すことができます。特に知名度のある法人は信用が高いので、オーナーとしても滞納の心配をしなくて済みます。ただ、業種などによってオーナーが入居審査を通さない場合もあります。どのような業種で実績がどの位あるのかが分かる資料を提出することになるでしょう。また、契約の際も法人と個人とでは提出する書類が違ってきます。法人登記簿謄本が必要になるでしょう。