賃貸物件の周辺チェックポイント

賃貸では物件全体の雰囲気を見ておき、天井が高くて広かったなど印象をしっかり確認しておくことが大事

賃貸物件の周辺チェックポイント

賃貸は印象が大事になる

印象がいい方なら、営業の方も親身になって頑張ってくれたり、入居審査に通るよう大家さんに口添えしてくれることも多いですから、態度や身だしなみは気を使ってください。そして、気に入った物件は下見をしますが、間取り図と写真を見ただけで契約してしまうのは危険です。そして、下見でのチェックポイントはたくさんありますから、時間がなくてもかならずしておいてください。そして、まず物件全体の雰囲気ですが、なんとなく薄暗いじめじめしているといったことや、とてもきれいだった、天井が高く広くなっていたなど、印象をしっかりチェックしましょう。そして物件周辺に騒音やにおいを発するものがないかも調べておきます。

そして南向きとなっていても目の前にビルが立っていると意味がなく、お部屋の窓はすべて開けて窓から外をチェックしましょう。そしてできれば方位磁針で正確な向きを確認します。そしてとくに水回りの設備は図面で分からないことが多く、キッチンの使い勝手やエアコンのあたらしさなど実際に目で見て判断してください。そして携帯電話は通じるかといったことも大事なポイントです。そして賃貸住宅は基本的に共同生活で、マナーのわるい方が隣に住んでいたりすれば思わぬトラブルのものになります。そして共用廊下に物が散乱して内科なども参考にしてください。