賃貸物件の周辺チェックポイント

昨今、築30年以上の賃貸が人気である。古いけど新しい、そんな賃貸に住んでみるのは、どうだろうか。

賃貸物件の周辺チェックポイント

築30年を超える賃貸に住むと良い理由

昨今、築30年以上の賃貸が人気である。市営住宅始め民間のアパートでもリフォームが進み、以前の、古い、汚いといったアパートのイメージが見直されてきている。我が家も、賃貸の中では古い物件の一つであるが、トイレはウォシュレットに改造され、浴槽は抗菌加工された、ゆったり浸かれる新品のお風呂、部屋の照明は、リモコン一つで付けられる。このような住環境の快適さを、売りにしているのが、築30年以上物件の特徴、である。

なぜ、築30年を越す賃貸のリフォームが進んでいるのか、理由は、高齢化によるものだろう。定年退職し、家をも引き払った高齢者の入居目的にアパートが改造され、お年寄りに暮らしやすい環境が築30年以上の物件の部屋の中、至る所に、お年寄りが暮らしやすいような住環境が配慮、されている。

お年寄りが暮らしやすいアパートは、子供のいる家庭、夫婦だけの家庭、といった、若い夫婦の世帯、特に共働き世帯には、暮らしやすい。具体的には犬や猫、などペットを飼うコトができたり、玄関の扉の色を新品塗装にしたり、自分好みの住環境を作りやすいからだ。管理人の許可が厳しくない、ゆるめの高齢者物件がいま子供のいる世帯、収入の少ない若い夫婦世帯、などに注目、されている。このように今後の築30年以上の、格安高齢者物件には、おいしい条件がたくさん、隠されているので、今後の賃貸物件の情報収集の目安の一つと、なるに違いない。

お勧め情報