賃貸物件の周辺チェックポイント

賃貸における契約期間の内容、更新料についてと更新手数料については契約内容等で確認しておくべきものです。

賃貸物件の周辺チェックポイント

賃貸契約における更新料と更新手数料

賃貸契約を結ぶ場合には賃貸契約書をかわします。そして宅地建物取引主任のもとで重要事項の説明があります。契約期間は2年という場合が多いもので通常この期間は引き続き更新することができます。契約期間満了の約3ヶ月から1ヶ月前に家主あるいは不動産会社側から契約更新についての書面によるお尋ね郵便物が送られて来ることがあります。

これをそのまま放置しておくと引き続き更新されたものとして扱われることになりますので期限までに何らかの表明をしておく必要があります。そして契約更新には契約にもよりますが新家賃の1ヶ月分という更新料が取られる場合が多いとされています。これは別に決まったものではなく多分に習慣的な部分があります。よって更新料の必要のないところもあります。

上記以外に更新手数料という名目の料金を取られるケースもあります。この場合にはその額が妥当であるか確認しておく必要があります。そしてこれは不動産管理会社から請求される場合が多く、不動産の事務手続きにかかる費用のようで、普通は約1万円前後と思われますが契約書の内容に書かれているものです。更新料は大家さんに支払われるもの、更新手数料は不動産管理会社に支払われるものということになりますが、不審な点がある場合には問い合わせるべきです。