賃貸物件の周辺チェックポイント

短期間しか住まないのに、ふつうの賃貸住宅に住むのは、費用の面でも損です。短期間用の賃貸住宅もあるのです。

賃貸物件の周辺チェックポイント

短期間しか住まないときの賃貸住宅

ふつう賃貸住宅というのは、その契約期間がおおむね二年であり、基本的には長期間その住宅に住むことを想定しています。しかし短期間しか住まないことを想定した賃貸物件というものがあります。それがウィークリー・マンスリーマンションです。一昔前までは、こうした形態の賃貸住宅を貸し出す会社は少なかったですが、今ではいろんな用途があり、手がける企業も少なくなくなってきています。

例えば、かつて企業は社員をどこか遠くの土地に派遣する場合、自社所有の物件にその社員を住まわせていましたが、今ではそうした地方にある自社所有の建物を経費削減の一環として手放し、遠くへやった社員をウィークリー・マンスリーマンションに住まわせるということが多くなってきているのです。自社所有でないから、固定資産税なども索然でき、またウィークリー・マンスリーマンションは設備も充実してなおかつ初期費用などもある程度抑えられるため、利用する企業が増えてきているのです。

こうした用途が増えてきたために、ウィークリー・マンスリーマンションはビジネス利用を目的として、駅のそばであったりなど都市部にたくさんたてられており、つまり環境が整っているので生活がしやすいのです。