賃貸物件の周辺チェックポイント

賃貸物件においては基本的には楽器の使用は禁止されています。ピアノについての取扱いについて説明いたします

賃貸物件の周辺チェックポイント

賃貸物件におけるピアノの扱い

賃貸物件にはその物件で生活する上での規則があり、分譲マンションで賃貸物件になっている場合はそのマンションの管理規約や使用細則などで楽器の演奏を禁止にしています。これは騒音トラブルを回避するために設けられているルールであり、集合住宅では当たり前の内容です。しかし、ピアノの中でもエレクトーンなどの電子ピアノに関しては、発生する音量を調節する機能がついており、ヘッドホンなどを使用すれば無音に出来るので、使用しても良いように思われます。

ここには誤解があり、大半の方は音色が聞こえないのであれば問題ないものと認識していますが、賃貸物件を含む集合住宅では基本的に電子ピアノでも使用は禁止とされています。理由としては音量を下げることが出来ても、実際に鍵盤を叩く音、ペダルを踏む音などが発生することは事実であり、意外にもこうした動作音が近隣住戸に騒音として響いているケースが多いからです。このように、楽器使用が禁止されている場合は、消音できてもピアノに関しては全面的に禁止されていることが一般的です。もちろん管理規約で電子ピアノは可能としている物件もある可能性は否めませんので、管理会社や管理組合などに問い合わせてみましょう。どうしてもピアノや楽器を演奏したい場合は、防音設計された特別な物件を探すことをお勧めします。

お勧め情報